小学校休業等対応助成金(労働者に休暇を取得させた事業者向け)

事業主の皆さまには、この助成金を活用して有給の休暇制度を設けていただき、年休の有無にかかわらず利用できるように
することで、保護者が希望に応じて休暇を取得できる環境を整えていただけるようお願いします。

4月1日以降取得した休暇分については日額上限額を15,000円に引き上げました!
2月27日から3月31日までの休暇分については日額上限額は8,330円
※既に申請や支給済の場合、追加の給付を順次行いますので、再度の申請は必要ありません。

対象者】:令和2年2月27日から9月30日までの間に、以下の子どもの世話を保護者として行うことが必要となった
労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主。

助成内容】有給休暇を取得した対象労働者に支払った賃金相当額×10/10
具体的には、対象労働者1人につき、対象労働者の日額換算賃金額※×有給休暇の日数で算出した合計額を支給します。
※各対象労働者の通常の賃金を日額換算したもの(8,330円(4月1日以降に取得した休暇は15,000円)を上限とする)

申請期間】:令和2年12月28日まで
*①雇用保険被保険者の方用と、②雇用保険被保険者以外の方用の2種類の様式があります。
*事業所単位ではなく法人ごとの申請となります。また、法人内の対象労働者について可能な限りまとめて
申請をお願いします。

詳細は下記ページをご覧ください。

小学校休業等対応助成金について(事業者向け)


















関連記事